FC2ブログ

ぼくとも。 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 春乃 綺 on  | 

馬鹿と天才はなんとやら(ギャグ)

※一部、BL・NL表現含みます。




天才には奇人・変人が多いとはよく言ったものだと常々思う。

発明王と名高いエジソンは小学校のとき教師から問題児の烙印を押され学校を中退した。だが、母に学問や研究などの教えを請い、今の地位まで上りつめたのだ。
また幕末の偉人、坂本龍馬も様々な要因で塾でいじめに合い、抜刀騒ぎを起こして塾を中退、その後姉である乙女に武術などを習っている。
つまり何が言いたいかというと、他人と違う才を持つ者は、他人と一風違った感性・考えを持ち、時に相容れないこともあるということだ。

そして自身が一般人だと自負している鏡音レンは、今まさに他人と一風違った感性を持つ人間達のやりとりを前に、立ち往生しているのである。


「あぁ!ミクジマさん、どうして…っ!」
「落ち着いて、カイコさん…っ」
「落ち着いてなんて…どうしてミクジマさんが…っ!」
「落ち着いてください、始音さん。今、捜査中ですので」
「…刑事さん」
「下がってましょう、カイコさん…」
「えぇ…」
「それで、カイトウ警部。例のものですが…」
「ん、了解。それは鑑識にまわしておけ、ハツネ刑事」
「はい」

そう、ちょうどこんな小芝居を前に。



「……………なにやってんの」


レンは脱力して部室内(ちなみに彼らは全員声楽部である)で忙しく動いていた二人に尋ねた。
すると、部屋の真ん中で「ミクジマさん」と呼ばれる人形を囲み、高低音の声色を自在に使い分けていた初音ミクとKAITOは戸口で突っ立っていたレンを振り返り、


「「殺人事件簿ごっこ」」


と声を揃えて言う。
そうじゃなくてな、とレンは頭を抱えた。
レンが言いたいのは、そもそもなんで殺人事件の現場なんかを再現しているかってことであり。
というか、二人で何人もの人間を演(や)るな。
違和感なさすぎて逆に怖いから。
そう考えるも、レンは首を振って溜息をつくだけに留めた。
言ってもこの二人には伝わらない。感覚の違いという奴である。

でも、とりあえずこれだけは、とレンが口にしたのは。


「演るなら、一人一役にしろ。分かりにくいから」


あと不気味だから、とは心で付け足した。
レンのその言葉に、ミクは口を尖らせて不満を述べた。


「えー、だったら"カイコさん"と"ミクヤナギさん(カイコを宥めてた人)"しかできないじゃんー。カイトウ警部とハツネ刑事は誰がやるのー?」
「むしろ、やらないっていう選択肢はないのか」
「あ、もしかしてレンもやりたかったとか?」
「人の話を聞け、バカイト」

首を傾げながらトンチンカンなことを言うKAITOを鋭く睨むことで黙らせ、レンは再度溜息をついた。
この二人をまともに一人で相手にしたら、それだけで体力の殆どを根こそぎ持っていかれる。
長い付き合いでそれを重々承知していたレンのスルースキルは、もはや達人並であった。


「…で、メイコさんは?」
「ちょっと遅れてくるから、先に部活始めてろだってさ」
「…………始めてねぇじゃねぇか」
「レン君たちを待ってたんだよー」


ほけほけと笑い合うミクとKAITOにレンの頭は更に痛くなった。
この二人が歌唱界の超新星だなんて、世も末だ。特に初音ミクの方は百年に一人の逸材だと近年持て囃されているのだが……………実物はコレである。
全く、エジソンや坂本龍馬もビックリだ。
レンが遠い目でそんな現実逃避をしだした時、ミクジマさんを抱き起こした(絶対片付けるためではない)ミクはキョトキョトと周囲を見回してから、レンを見やった。


「リンちゃんは?一緒じゃないの?」


ミクにそう問われ、レンは先程まで一緒だった片割れの顔を思い浮かべる。
そして、あいつは多分今泣きべそかいてんだろうなぁ、と苦笑した。
ここに来る数分前、担任に引きずられる形で生徒指導室に連行されたリン。
恐らく一昨日あったテストの結果について、泣き付かれているのだろう。リン、赤点だったし。
レン自身もさほど良い点数だったとは言えなかったが、赤点は免れたから、まぁ善しとすることにした。

数学が苦手なリンは毎回テストの後で担任と

「どうしてお前は数学が、むしろ数学だけ出来ない!?」
「人には向き不向きがあるんですぅ!」

などと埒のあかない言い合いを飽きずにしている。
―――だがなぁ、それにしたって、あの点数はないよなぁ、とレンは苦い顔で笑った。
あれは出来る出来ないの範疇をぴょーんと軽く超越しているのだ。
人には向き不向きがあるというリンの言葉は、まさにあの現象によく当て嵌まっている。
リンに数学は向かない。むしろ鬼門なのだ。
しかし担任はそんなことも言っていられないのだろう。何せ、教えることを職にしているのだ。
雀の涙ほどの点数しかとれない生徒を教え点数を引き延ばすのもまた、彼らの仕事なのだ。
だから、担任は何度もマンツーマンでリンの頭に数学の公式を叩き込んでいる。
今日もそうだろうから、きっと下校時刻まで解放してもらえないだろう。


「あー…リンは」

今日の部活は多分休む、と言いかけたところで部室のドアが勢いよく開かれた。
そこにいたのはちょうど話題にのぼっていたリンで。
滑り込むように部室に入り、ドアをすばやく閉めたリンは、そのままドアに張り付き、廊下の様子を伺っている。
その様子からレンはリンのしでかしている(現在進行系)ことを悟った。


「お前、さては逃げ出してきたな…」

呆れを含んだ声でレンがきくと、リンは「てへ☆」と舌を出して笑った。図星らしい。


「ごまかすな」
「もー、レンは相変わらずうっさいなあ」
「お前がいい加減だからだろ」
「人間、リンキオーヘンが大切なんだよ?」
「お前のそれは臨機応変とちがう。ただ、いい加減なだけだ」


はぁと溜息を漏らしたレンを、リンは暫くぶすくれた顔で睨んでいたが、気が済んだのか、「今まで何してたの?」とミクに尋ねる。言うまでもなく、戻る気は更々ないらしい。
レンとリンの動向を黙って見ていたミクは、急に水を向けられて、一瞬ピクンと肩を跳ねさせた。が、そこは部内で1番上手い立ち回りを誇るミクである。待ってましたとばかりにミクジマさんをリンの鼻先まで持ってきて、どこぞの教祖様よろしく「やぁ」のポーズをとらせた。


「殺人事件簿ごっこやってたの!私はハツネ刑事とミクヤナギさん役なんだ」
「ちなみに俺はカイトウ警部と始音カイコさん役だよー」


それまで椅子に腰掛け、一人無心にアイスを頬張っていたKAITOが久方ぶりに会話に加わる。KAITOの着いている机の上には既に空のアイスのカップが二・三個重ねて置いてあった。
会話に加わらなくなって数分しか経っていないのに、その間に平らげられていたアイスの量にレンは呆れた。


「ペース早…。どんだけアイス好きなの、カイトさん」
「もう無限大かつ無償の愛を捧げられるレベルに達してるね」
「どうせなら人に捧げろよ……」


メイコさんとかさ、とは言わなかった。
突き返されるのがオチだからだ。さすがに自ら傷付きに行けと言える程、レンは無情ではなかった。
だが、KAITOは「あー…」と上を見上げながら、目をしかめる。


「もう突き返されてるからなぁ…」

………既に捧げた後だったらしい。
レンは目に見えて落ち込んだKAITOの肩を軽く叩き、励ましてやった。
確実に砕けるのが分かっているのに、わざわざ砕けに行くその心意気だけは立派だ。自分にはとても出来ない。


「俺、たまにカイトさん尊敬するよ」
「レン………それ、俺は喜んでいいの?」


複雑そうに眉を下げてそう訊いてきたKAITOに返す言葉は見つからなかった。






- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -







「リンも殺人事件簿ごっこやる!」


小芝居の詳細をミクから聞いた後のリンの言葉である。
予想通りのリンの反応にレンは「ハハハ」と渇いた笑みを漏らした。

やっぱりか、こんちくしょうめ。

レンは心でそう愚痴る。
ミクとリンは既にミクジマさんを横たえ、準備に取り掛かっている。
KAITOはそれを静観しているが、止めるつもりはないらしい。

というかだね、キミタチ、


「部活始めてろってメイコさんに言われたんじゃねぇのか…」


もはや忘れ去られているだろう事柄をボソリと呟いた。
するとミクが得意顔で「だいじょーぶだいじょーぶ」とレンにグーサインを向ける。


「カイトさんがメイコさんを宥めてくれるから」


…それは無謀な作戦なんじゃないかなぁと、レンがぼやいた。
案の定、KAITOは「………ええええええ」と仰天したような声を上げ、首を高速で横に振っている。
まるで首振り人形のようだ。
KAITOのその様を見る限り、宥められる可能性はゼロに等しそうだとレンも思った、が。
かと言って、暴走し始めたミクとリンをレンとKAITOで止められるわけもなく。
大体、それは通常MEIKOの仕事だ。
鶴の一声ならぬMEIKOの一声でミクとリンはピタリと言うことを聞くようになる。

――決して雷様を降臨させてはならない。
それは部員内の秘密の規約なのだ(但し、MEIKO除く)。


「もうさぁ、大人しく練習始めようぜ…」
「えー!?リンも事件簿ごっこやりたいよぉ!」
「レン君!これからちょうど謎解き場面なんだよ!?ここで止めたら永遠の謎になっちゃうじゃない!」
「えぇえ!?それはマズイよ、ミクちゃん!」


ミクとレンのまるで打ち合わせたかのような軽やかな会話運びで、いつの間にか演ることが決定していた。…本当にいつの間にか。
レンはそんな二人の会話に口を出せないまま、ポツリと呟く。

「えぇー…さっきの役どころに探偵役なんかいなかったじゃん…」
「それがリンの役なんだよ、多分」
「んな、適当な…」


片隅で会話する男性陣を置き去りに、ミクとリンは暴走に拍車をかけ、新設定を次々に付け加えていった。



(ここからは、諸事情により、会話文のみお楽しみ下さい)


リン(以下リ)「わたし、鈴之宮ゆりこ役やる!」

レン(以下レ)「誰だよ、その某ベ○ばらに出てきそうな名前の奴は……」
※注:レンはあくまで自身のイメージだけで語っています。本当のベ○ばらにはそんな日本人みたいな名前の登場人物は出てきません。ベル○らの舞台はフ/ラ/ン/スとかそこらへんですから。

リ「殺人事件の犯人(仮)だよ!」

ミク(以下ミ)「えー、ダメだよ、リンちゃん。犯人はカイトウ警部だから」

レ「ぅええ!?警部が犯人て色々設定としてどうなんだよ!?」

KAITO(以下カ)「ウケればなんでもいいんだよ、レン」

ミ「そうだよ、レン君」

レ「んな、ひたすらウケを狙うお笑い芸人みたいに……」

リ「んー……ねぇ、ミクちゃん。レンの役はどうするの?」

ミ「レン君はカイコさんの新しい夫のレントン伯爵役だよ」

レ「伯爵!?現代、ベ〇ばらの次は、中世ヨーロッパが舞台かよ!?時代系列めちゃくちゃじゃねぇか!」
※注:レンはあくまで自身のイメージd(以下略

ミ「レン君、時は淀みなく進んでいくんだよ?」

レ「…だからなんだよ。なに、したり顔で語ってやがる…?大体、現代から中世なんだから、時戻ってるじゃねぇか!」

カ「レントン伯爵―――いいえ、あなた。大切にしてね…?」

レ「……カイトさん…。マ ジ で 殺 し て い い か … ?」

リ「ミクちゃん!まさかのレンカイ展開発生だよ!」

ミ「ちょっ…キスシーンはあるのかな?」

レ「ね え よ !あってたまるか、そんなもんっ」



(会話文終了)



「だーっ!もうお前らいい加減にし…っ!」

とうとう我慢の糸が切れたレンが喚き散らそうとしたところで、部室のドアが再びガラリと開かれた。
そこから覗いたのは―――部内で言うところの、雷様だ。


「…………アンタ達、あれほど先に始めとけと言ったはずよね?」


雷様、否、MEIKOは部室で大騒ぎしていた面々を見据え、声を低くした。
心なしか、額には青筋も浮かんでいるような気がする。
雷様の逆鱗に触れた四人はぶるぶると体を震わせながら、その裁きを待った。
MEIKOは一度全員に視線をやった後、その視線を―――KAITOに定めた。


「………カイト」
「……っ。…はい」
「これはどういうことなのかしら?」


ニッコーといっそ輝かしいばかりの笑みを浮かべて、MEIKOが問う。
問われたKAITOは可哀相なくらいに縮み上がり、「うぁ…えぇと…」と言葉をあぐねていた。
やがてKAITOが小さな声で言ったのは、

「スミマセン…」

という一言。
それを受け、MEIKOは大きく一つ溜息をつき、KAITOの頭をベシンと一発叩く。


「アンタがミクとリンを制御しないでどうするのよ、馬鹿」
「…ゴメン」
「ミクたちも、」


と、そこでMEIKOの視線が今度はミクとリンに向かう。


「羽目を外しすぎよ」
「「…ごめんなさい」」


しおしおとしょげ返るミクとリンに、MEIKOは軽く息をついて、「今後ちゃんと注意すること」と告げる。
そして最後にMEIKOの視線を向けられたのはレンで。
自分は果たして何を言われるのだろうと思わず構えたレンに、MEIKOはふっと淡く笑んだ。
そうしてMEIKOはレンの頭を一つ撫でる。


「…お疲れ様ね、レン」

こんな言葉をレンに寄越して。
一人だけ叱られなかったレンはポカンと呆けた顔をしていたが、MEIKOの「とっとと練習始めるわよー」という声でやっと我に返った。



そして一時だけ静まり返った声楽部室内には、あっという間に天才達の集まりと評判の声々があふれる。
普段の変人ぶりが嘘のように、誰もが聞き惚れる歌声が辺り一面に広がった。
通りがかった人間の足を止めてしまうほどの威力を持つ、その歌声。



本当に、

『全く、馬鹿と天才は紙一重とはよく言ったものだ』。


それは彼らを知る人達が口々に漏らす言葉だったりする。




 fin.










『レン君頑張れ超頑張れ』


この一言に尽きる作品です。
個人的にレンはボカロの中で唯一のツッコミ要員だと思ってます。
ちなみに一番のボケ要員はミク。彼女は天真爛漫とか、もうそういうレベルではない。

カイトさんやメイコさんは臨機応変に自分の立ち位置を変えられるので、なに要員とかはないです。

とりあえず今回の「お疲れさまで賞」のレン君には慰めと労りの言葉を掛けてやってくださいな^^;




以下 壱の呟き:
書いてて楽しかったけれど、やっぱり私にギャグはハードル高かったみたいです…。
面白いギャグ小説ってどうやって書くんでしょうか? 誰か私に教授してくださいorz

スポンサーサイト

Category : ss
Posted by 春乃 綺 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://justbefriends23.blog69.fc2.com/tb.php/39-11247b39
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。